--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP 初音ミク × Dollfie Dream(R)

2015/06/07

ミク達小話 ラーメン屋他

こんばんは、おとーちゃんです。



この手のまとめるのは油断してると、まとめる事
そのものが大変になるので気をつけないとw









無垢ミク「あらあら~、今日もお天気良さそうですわ~。お洗濯ものよく乾きそう」
∞ミク「ふわぁ~ぁ、アンタも毎日毎日よく洗濯飽きないわね」
無垢ミク「あらあら~、暖かくなって毎日皆さんの洗い物が多いですもの。一日抜かしてしまうと大変ですわ。お外で遊んで来る子もいますもの~」
ラセツミク「そやで~、毎日げーむ三昧な誰かさんとは違ごうて主婦は大変なんやで~」
∞ミク「誰が主婦なのよwま、確かにあったかくなって向日葵や紅葉は外で元気に遊んでるもんね。ふふ」
ラセツミク「そやそや、子供は外で元気にするんが一番やで~」
レーミク14「Oh…お腹空いたデース」
無垢ミク「あらあら~、それではお食事になさいましょうかしら~」
レーミク14「Yes!朝食食べたらアニメ見るね!」
ラセツミク「大きゅう子供もいるわいな~、にひひ」
∞ミク「うぐっ」
無垢ミク「うふふふ、桜さんが用意してますし少しだけお持ちくださいましね?」
ミクたち「はーい!」




レーミク14「Oh!いよいよJoJoはDioが出てくるデース!楽しみネ!」ワクワク
…… ←視聴中
レーミク14「Oh!No!ありえないデース!><」
∞ミク「何よ一体うるさいわね」
レーミク14「Oh黒さーん、聞いてほしいデース!JoJoなのにシーンカットされてたデース!」
∞ミク「シーンカット?あら、珍しいわね。どんのシーンなの」
レーミク14「Yes、ジョーイン議員が」
∞ミク「なんで上院だけカタカナなのよwまあいいわ続けて」
レーミク14「ジョーイン議員が車で歩道に乗り上げて人を跳ねてくシーンデース!まるまるやってないデース!」
∞ミク「……」
レーミク14「これまで完璧にマンガ通りだったのにショックなのデース……」
∞ミク「いや、アンタ、そりゃそんなシーンはカットされるでしょ。さすがにw」
レーミク14「はっ!?もしかしてBDには入ってるかもデース!」
∞ミク「……買うなよ!?」




アペミク「らーめん食べたいのれす」
∞ミク「ラーメン?」
レーミク12「あ、それいい~♪僕もラーメン食べたいかも~」
無垢ミク「あらあら~、そうですわね。丁度お夕飯どうしようか考えていたところですし、今夜はラーメンにしましょうかしら」
桜ミク「なら具はどうしよ?あんかけ作る?」
無垢ミク「うふふ、そうですわね~。キャベツ、人参、白菜~」
レーミク10「今夜はサンマーメンでありますか?私も車の整備でもうお腹ペコペコであります」
テルユアミク「楽しみなの!」
アペミク「うー!!ちがうれすちがうれす!」
∞ミク「あら、どうしたの?ラーメン食べたいんでしょ?」
アペミク「食べたいれす!……れも、食べたいけろむくの作ったのれなくて、お店のが食べたいのれす!」
∞ミク「お店?なんで?」
アペミク「なんれれもれす!今日は外れ食べたいのれす!」
レーミク12「お店か~、それもいいかも~。いひひ」
無垢ミク「あらあら、どうしましょうかしら~」
ミク「うーん、でもいきなり外で食べたいって言ってもマスターに迷惑かけちゃうし……」
ラセツミク「あるじさまにきいてみんとなぁ~?」
アペミク「うー!うー!食べたいれす!食べたいれすー!」ゴロンゴロンジタバタジタバタ
レーミク13「アペさんさ~、駄々っ子みてぇだべよ」
いいんじゃないか?たまには皆で外で食べるのも。
無垢ミク「あ、あなた」
ミク「マスター!いいんですか?」
レーミク12「やった!いひひ、うーんと高いの頼んじゃおっかな~?」
桜ミク「じゃあマスター。皆呼んできますね?」
おー、すぐ出るからな?
アペミク「わーい!うれしいれすー!」

ガラガラ
こんばんわ~
「へい、らっしゃい!」
HMOミク「何にしようかな~?」
∞ミク「ほらーあんたたち、こっちいらっしゃい」
向日葵ミク「はーい(≧▽≦)」
紅葉ミク「……はいなの」
紫陽花ミク「もう、皆さんあまり騒がないで下さいね!さもないと教育ですからね!」
なんでも好きなもの頼め~?
ミクたち「はーい!」
パウダーミク「うーんとぼくは、チャーシューメンに炒飯かな!」
レーミク15「なんでぃなんでい、粉坊はそんだけかい?俺は、パイコーメン大盛に五目チャーハン大盛、それとレバニラに餃子な!」
レーミク12「ゴウさん食べ過ぎw」
レーミク15「わっはっは!よく食べよく修行する!これが一番よ!」
レーミク13「おらはサンマーメンでええだべ……あ、あと杏仁豆腐もええべか?」
∞ミク「アンタたちそれだけ食べてよくそのプロポーション…くっ!」
レーミク11「あらん、黒ちゃんだっていいス・タ・イ・ル、してるくせに」
ほらほら、早く頼めよ~?
ミク「あ、はーい!えとえと~」
無垢ミク「でもほんとあなたすみません」
ん?なんで?
無垢ミク「その、アペミクさんの我が儘でこんなお手間を……」
いやいや、たまには無垢も休めていいだろ? な?ナデナデ
無垢ミク「はぅ///うふふ、そうですわね」
小豆ミク「あぅ?かーちゃまっかっか~(о´∀`о)」
無垢ミク「まぁ!小豆ったら///」
∞ミク「で、アペ。アンタはなに頼むのよ?さっさとなさい」
アペミク「うー、うー、あれもいいれすけろ……れも、こっちも食べたいれす……うー!」
∞ミク「二人は仲良く半分こしようね~?」
向日葵ミク「らーめんたのしみー!(≧▽≦)」
紅葉ミク「……おなかすいたの///」
アペミク「決めたれす!わんたんめんーと、ちゃーはんとーえびしゅーまいにするのれす!」
∞ミク「ちょっとちょっと、アンタそんなに食べれるの?多すぎるから減らしなさいよ!」
アペミク「たべれるれす!」
∞ミク「何言ってるのよ、そんな無理に……」
アペミク「たべれるれす!たべれるれす!たべれるれすー!」
∞ミク「あぁ、もうはいはい。知らないわよどうなっても」ヤレヤレダワ
無垢ミク「あら、あなたはご注文は?」
ん?あぁ、いや俺はまだいいから。とりあえず紹興酒と三種盛りね。

へいお待ち!
ミク「わ~♪いただきまーす♪」
∞ミク「ほふっ、んっ……たまには外もいいわね。美味しいわ」
向日葵ミク「おいしいー!(≧▽≦)」
テルユアミク「美味しいの!皆で食べるごはんは美味しいの!ステキ!ん……チュルチュル」
桜ミク「うーん、この味付け真似したいな……」
レーミク14「Oh!このあんかけかけた瞬間たまらないデース!」
紫陽花ミク「フォーさん何頼まれましたの?」
レーミク14「五目おこげ」
紫陽花ミク「渋いですわね」
ミク「おこげはあんかけかけた瞬間のバチバチ~って音が良いよね~♪食欲進むよ~♪」
レーミク14「いただきマース♪」
アペミク「チュルチュル…モグモグ…チュルチュル…もうおなかいっぱいれす」
∞ミク「ってアンタ!こんなに残ってるじゃないのよ!頼んだんだからちゃんと食べなさい!」
アペミク「あぅ、もうおなかいっぱいれす。入らないのれす」
∞ミク「だから言ったじゃないの!あーもーもったいない!」
アペミク「うー、ジュースのむれす~」
∞ミク「ちょっと!どうするのよこれ!」
はいはい、あとは俺の出番だな。
∞ミク「アンタ……」
無垢ミク「あなた、だから頼まずにいたのですね?」
ん、なんとなーくね。
レーミク10「さすが主殿!よく私達のことわかっているであります!」
いやいや

無垢ミク「ふふふ、はい小豆、あーん」
小豆ミク「あーん♪」パクッムグムグ
無垢ミク「うふふ、美味しい?」
小豆ミク「おいしー(о´∀`о)」
ミクポックル「無垢の子はすくすく育ってるでしゅね!」
無垢ミク「あらあら小豆、お口垂れてますことよ?」フキフキ
小豆ミク「うにに~」

……さ、みんな。もうそろそろいいかな?
ミク「はーい、マスター大丈夫ですよ」
紫陽花ミク「それではお騒がせしましたわ」
桜ミク「ごちそうさまでした~♪」
向日葵ミク「おいしかったー(≧▽≦)」
紅葉ミク「おなかいっぱいなの///」
レーミク13「たまには外もいいずらで」
レーミク15「あんちゃん!夜道でなんか出ても俺が守ってやるからよ!」
レーミク12「そんな敵なんていないっつーの」
レーミク14「麻婆豆腐も美味しかったデース。Oh……なんだか中華一番読みたくなったデース」
深海ミク「……」
ラセツミク「なんや?深海はん、ラーメン辛かったんか?
揚羽ミク「うっ……ううっ……ごめんなさいごめんなさい、辛いの食べれないのに辛麺なんて頼んでごめんなさい~」
∞ミク「アンタたち二人して、辛いの頼んだの?辛いの苦手なのに頼むなんてやれやれだわw」
深海ミク「……」
∞ミク「もう辛いのは頼まない?当たり前でしょ!」ポコン!
深海ミク「……」
テルユアミク「痛い!って言ってるの」
揚羽ミク「あたいもう辛いのは頼まないの~うぇぇ~(つД`)」
工場長ミク「イッヒヒヒ!辛いもの食べれたあたしに怖いものはないわ!そうだわ!辛いものを延々食べされると言う恐ろしい拷問を思い付いたわ……あたしってなんて天才……」
∞ミク「こいつらバカばっかだわw」ヤレヤレダワ
ミク「マースタ♪」ギュ
ん?どした?
ミク「えへへ~なんとなーくです♪」
なんとなく?
ミク「はい♪なんとなーくです♪」
小豆ミク「スー……スー……」
無垢ミク「うふふ、寝てしまいましたわ」
ラセツミク「にひひ疲れたんやな~」

ただいまー!
無垢ミク「ただいまでございますですわ~。あなた、私は小豆を寝かしつけて参りますね」
うぅぅぅぅぅ~……
ミク「え?な、何?今の声?」
うぅぅぅぅぅ~……
∞ミク「ちょっとちょっと、なんなのよ。今時ホラーなんて流行らないわよ?」
ズル……ズル……
ぅぅぅぅぅ……
ラセツミク「なんや?なんや這ってるような音やんな?」
ズル……ズル……
???「うぅぅぅぅぅ……どい……ひどい……」
レーミク14「Oh!MyGod!?」
桜ミク「きゃぁぁぁー!?!?……って雪ちゃん!?」
雪ミク「ぅぅぅ……みんなひどいです、私だけおいてけぼりなんて……」
アペミク「そーいや、雪みなかったのれす」
無垢ミク「あらあらまあまあ」
∞ミク「そういや、忘れてたわ。だって呼んでも出てこないんだもの。寝てばかりだから忘れられるのよ!アンタは!」
ミク「あーん雪ちゃんごめんなさい~」
雪ミク「うぅぅ……おなかすいた……の、です……」ガクリ

スポンサーサイト

21:11 | ミク達つぶやきCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP 初音ミク × Dollfie Dream(R)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。